デリケートゾーンの黒ずみ改善に効果的な石鹸

デリケートゾーンの黒ずみ改善に効果的な石鹸

イビサソープ

 

 

デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめな石鹸は「弱酸性」のものです。
通常、石鹸といえばアルカリ性ですが、デリケートゾーンの黒ずみ改善には、弱酸性のものがおすすめです。
これは人の肌のpH値によるためで、弱酸性のもののほうがお肌に優しいという特徴があります。
デリケートゾーンに限らず、お肌のケアには「低刺激性」のものが良いとされていますが、もしお肌に刺激が加わると、それだけで黒ずみの原因になるためです。

 

低刺激性のものの中でも、いくつか種類がありますので、正しい選び方をする必要があります。

 

 

デリケートゾーンの専用石鹸の選び方

 

選び方のポイントとしては、やはり配合されている成分がカギを握ります。
すそわきが対策なら汗腺に働きかける成分や、汗の質を変えるような成分、黒ずみ対策なら美白成分が配合されているものを選んでください。

 

美白効果のあるものはコラーゲンの保湿作用などが有名ですが、あまり知られていない、美白に特化した成分に「ジャムウ」というものがあります。
ジャムウはいくつかのハーブを調合して作った調合薬の一種で、古くなった角質を落とす働きがあり、ターンオーバーの促進に役立つ成分になっています。
黒ずみ改善に大きな効果が期待できる成分なのです。

 

さらに同時に、殺菌、制汗作用もあり、ニオイ対策も同時にできます。

 

デリケートゾーンの様々なお悩みに有効な成分ですので、デリケートゾーンのトラブルを一つで解決したい、何か一つ持っておきたいというときに、ジャムウが配合されている石鹸を使ってみてください。

 

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

 

石鹸にこだわるよりも大切なのは、洗い方です。
良い石鹸を使っていても、手でこするように洗うと簡単に傷がつくのがデリケートゾーンですので、やさしく洗うことが何よりも大切です。
コツとしては、泡で洗う、ということです。

 

石鹸を直接デリケートゾーンにあてて、それから泡立てるのではなく、最初のうちにボディタオルや手を使って石鹸を泡立てて、その泡で洗うのです。
体に石鹸を当てて泡立ててしまうと、どれだけ低刺激の成分でできている石鹸だとしても、お肌への負担は非常に強いものになり、また擦れるため黒ずみになります。
泡を作って、その泡で汚れや角質だけを落とすように洗うことが一番大切です。

 

この時のポイントにおすすめなのが、泡をつけて3分ほど放置して、泡を浸透させるということです。
泡をつけたまま放置すると、成分が浸透しやすくなって、その石鹸の持つ成分、効果を最大限に発揮させられます。
この時、しっかりと全体的に、まんべんなく泡がつくようにするのがおすすめです。
指も使ってきれいに泡がいきわたるようにすることで、むらなく美容成分で覆われ、美白効果がしっかり出ます。

 

注意する点は、膣の中にまで泡を入れないということです。
膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスは常に一定に保たれますので、そこに石鹸の泡などを入れて変にバランスを崩してしまうと、ニオイを強める原因などになりますので、表面を洗う程度にして、内部まで入念に洗おうとはしないのがおすすめです。

 

そして、泡で一通り洗えたら、洗い流します。
このお湯は、きれいなぬるま湯で洗うようにしてください。
熱かったり、冷たすぎるとお肌に刺激になりますので、丁度よくお肌に優しい温度のぬるま湯で洗い流してください。

 

 

石鹸での黒ずみケアはとても便利

 

以上、デリケートゾーンの黒ずみと石鹸についてまとめて行きました。
石鹸はお風呂の時に、洗う際に使いますので、黒ずみに効果のある石鹸を使うというのは、黒ずみ改善にとても役立値ます。
もちろん根気は必要で、時間もかかりますが、毎日お風呂で体を洗う際に、専用の石鹸を使って洗うという、ほんの少し意識をするだけで黒ずみ対策になりますので、ほかの手段に比べてとても手間なくケアしていくことが可能です。
また、デリケートゾーン専用のものだとニオイ対策が同時にできるものもありますので、一石二鳥なことが多いです。

 

さらに、お風呂の時にできるということは、パートナーなどに知られる危険が非常に低いのもメリットかと思います。
通常のクリームなどだと、塗ってるところを見られたり、効果や効能などを見られる危険がありますが、普通の石鹸として使える上にお風呂で使うものなため、ニオイや黒ずみで悩んでいるとばれる危険がほぼありません。
そのうえで毎日、継続して使いやすいので、ほかの手段よりも続けやすいことにつながります。

 

重ねてになりますが、一番大切なのは正しい洗い方をするということです。
良い石鹸でも、誤った使い方をすると本来の効果があまり出ないとか、逆に悪化させることにつながりますので、必ず丁寧に慎重に洗って、洗いすぎて傷をつけないようにしましょう。
逆に言えば、きちんとした洗い方ができれば、専用の高価な石鹸ではなくとも、ニオイや黒ずみが改善していく可能性もありますので、あきらめずにケアをしていきましょう。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら