すそわきがにおすすめの石鹸

すそわきがにおすすめの石鹸

イビサソープ

 

 

すそわきがが気になるからと言って、石鹸やボディーソープでごしごしと洗う人も少なくありません。
すそわきがの改善は何よりも清潔にすること、ということは間違いありませんが、石鹸で無意味にこすり続けても、効果はあまりありません。

 

ここで、デリケートゾーンの正しい洗い方、石鹸の使い方についてご紹介していきます。

 

 

普通の石鹸では、ニオイ改善はあまり見られない

 

すそわきがの原因は、アポクリン汗腺から出る粘りの強い汗に、雑菌などが混ざって刺激臭を出すというものです。
つまり、デリケートゾーンには「べたつき」があり、それを落とすために石鹸でこすりがちなのです。
ですが、普通の石鹸でこすっても、すそわきがには全く効果はなく、反対に悪化させる原因になります。
治ったように感じても、一時的に汗が流れて石鹸のいい匂いが染みついたように感じられるだけで、原因は全く改善されていません。

 

すそわきがだと、アポクリン汗腺の量が多いため、一時的に汗を落としただけでは意味はありません。
むしろ、こすり洗いをすると善玉菌が減り、ニオイが強まったり炎症を起こしたりと、様々なトラブルの原因になります。
当然お肌にもダメージになりますので、黒ずみの原因にもなります。

 

 

すそわきがに効果的な石鹸

 

デリケートゾーンは、文字通り非常にデリケートな部分ですので、ほかの部分よりも慎重に洗う必要のある部分です。
お勧めなのが、デリケートゾーン専用の石鹸を使うというものです。
デリケートゾーン専用の石鹸は、通常の石鹸とは違い、弱酸性でお肌に刺激がないものがほとんどです。
通常の石鹸はアルカリ性ですが、実はデリケートゾーン専用の石鹸はそれとは逆に、弱酸性なのです。

 

デリケートゾーンは、普段から尿やおりものなどと接することが多く、それらはアルカリ性の物質ですので、必要以上にアルカリ性が強くなり、善玉菌を殺す可能性があるのです。

 

そして、デリケートゾーンは乳酸菌などがあるため、ある程度弱酸性の成分も必要で、アルカリ性とのバランスをとる必要があるのです。
そのため、通常のアルカリ性の石鹸でごしごしとこすっていては、簡単にバランスが崩れてしまい、逆に症状を悪化させたり、ほかのトラブルを引き起こしたりする可能性があるのです。
弱酸性のデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、バランスを崩すことなく、洗うことができます。

 

また、デリケートゾーン専用の石鹸はそもそもかゆみや黒ずみを抑制する成分や、美白成分などが含まれているため、とてもおすすめです。
具体的にはミョウバンやジャムウ、アロエなどで、どれもニオイやかゆみ、黒ずみの抑制に効果的な成分です。

 

通常の石鹸は基本的に、爽やかないい香りでごまかすようにしているものが多いですが、デリケートゾーン専用の石鹸は薬用石鹸の部類のものが多く、殺菌力に優れているものが多いため、すそわきが対策に非常に効果的です。
ただし、中には香りで打ち消すことをうたっており、香りでごまかしているのと変わらないというものもありますので、きちんと配合成分は確認してから購入してください。

 

 

膣内洗浄でニオイ改善はできない

 

デリケートゾーンのニオイの改善のためと思ってやりがちなのが、膣内洗浄です。
場所的にどうしても、膣内を念入りに洗いたくなるものですが、基本的には膣内洗浄では、ニオイ改善にはつながりません。
もちろん洗うことは必要ですが、お湯でじゃぶじゃぶと洗ったり、ボディーソープや石鹸で直接洗うのは、強い刺激になり、逆に症状を強めることにつながります。
ボディタオルでこすることはもちろんですが、ビデをこまめに使うのもおすすめできません。
ビデを使ったりすると、膣内のおりものが流されていきます。

 

おりものは子宮などから出た老廃物の塊で、体にとって不要なものであることには間違いありませんが、実はおりものがあることによって膣内に雑菌などが入るのを防ぐという、いわば栓のような働きもしています。
排出されるのもターンオーバーのように、タイミングがありますので、それが強制的に流されてしまうということは必然的に無防備になるのと同時に、体がおかしいと感じて逆に大量のおりものを分泌しようとして、ニオイが強くなるということもあります。
膣内洗浄のための器具などもあり、中には役立つものもありますが、基本的にはニオイ改善のために膣内洗浄をするというのは、お勧めできません。
正しい方法で、丁度いい時期にやることが大切です。

 

 

以上、すそわきが用の石鹸についてご紹介していきました。
殺菌作用がある薬用石鹸などが有効ですが、言うまでもなく使いすぎは厳禁です。
膣などにも当然、自浄作用があり、時間経過とともに流れていきますので、手で自分からきれいにしなくても、あまり問題はありません。
薬用石鹸はもちろん、通常の石鹸やボディーソープなどを使って洗う場合には、洗いすぎにだけは十分に注意して洗いましょう。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら