重曹でデリケートゾーンのケアをする

重曹でデリケートゾーンのケアをする

イビサソープ

 

 

重曹とは

 

重曹とは、掃除や洗濯に役立つとか、食品などにも含まれる、あの重曹のことです。
成分としては炭酸ナトリウムとなり、発泡性に優れているのが特徴です。
例えばスポンジケーキを作る際に、ふんわりとした膨らみを作るために使う「ペーキングソーダ」は重曹のことです。
体に取り入れてももちろん安全で、お肌の弱い人にも強くお勧めなのが、重曹です。

 

この重曹を使って、弱いお肌であるデリケートゾーンの黒ずみのケアができます。
デリケートゾーンの部分のお肌が特に弱く、どんな成分のクリーム、ボディーソープを使っても駄目だったという方は、是非重曹を使ってケアしてみてください。
ここから、重曹を使ったケアについて詳しくご紹介していきます。

 

 

重曹でデリケートゾーンの黒ずみのケアをする

 

重曹の泡立ち、発泡性は、水と混ざることで発生します。
細かな粒子が汚れを大きく取り除けるのです。
デリケートゾーンの黒ずみは、お肌の深層にメラニン色素が大量に沈着し、黒ずんで見えるために置きます。
メラニンが生まれる理由はターンオーバーの乱れやホルモンバランスの崩れ、下着の素材との相性が悪く、刺激になっていることなどが考えられますが、デリケートゾーンは特にお肌が弱いため、メラニン色素が生まれやすいという特徴があります。

 

そこで、重曹の持つ細かな粒子を使った、高い研磨作用によって古い角質を取り除いてターンオーバーを促して、お肌を白く戻していくのです。
時間はかかりますが、深層部に蓄積されていたメラニン色素などを古い角質として押し出していくため、お肌に刺激になることなく、黒ずみを改善していけます。
ただ、研磨作用によって黒ずみを治していくため、間違った方法でやると黒ずみを悪化させることにつながりますので、しっかりと使用方法を確認して、十分に注意をしてから実際にやってみてください。

 

 

重曹でケアをする方法

 

具体的に、重曹で黒ずみのケアをする方法は、まず重曹を購入してきます。
薬局やドラックストアではもちろん、スーパーなどでは調味料売り場にあることもありますが、デリケートゾーンの黒ずみケアに使うのであれば、万能タイプは避けるのがおすすめです。
一番確実なのは食用のもの、純度の高いものが体に優しいため、そちらを選ぶのがおすすめです。
基本的にお肌に優しい成分ではありますが、万が一のことを考えると、食用のものを使うのがベストです。

 

その重曹をどのように使うのかというと、単純に、普段使っているボディーソープに適量を混ぜ込み、いつものようにデリケートゾーンを洗うというものです。

 

ボディーソープに粒子が加わってスクラブのようになり、古い角質を物理的に除去できます。
粒子によって除去していきますので、この時絶対に力を入れて、ごしごしとこすらないでください。
重ねてになりますがデリケートゾーンのお肌は非常に敏感で、弱い部分ですので、少しでも力を入れてこすると簡単にダメージになり、黒ずみが悪化していきます。
重曹を入れていない時でも、こすって洗うのは厳禁です。
重曹を入れているならなおさら、ゆっくりと優しく、丁寧に洗ってください。
ボディーソープに重曹を入れて、良く泡立てて、タオルや手を使わずに泡だけで洗うというイメージで充分きれいになりまsう。

 

また、重曹が入ることで刺激になる可能性もありますので、赤みや肌荒れが起きていないか、細かくチェックしながら慎重に使ってください。
そして、重曹を使うことによる注意点もご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

 

重曹を使用する際の注意点

 

重曹を使用するときは、すぐに結果を求めない、ということが大切になります。
一般的なクリームなどのアイテムは、様々な成分が含まれているため、割と早く白くなるのを求めがちで、高いコストもかかっているためなおさら結果を求めがちですが、重曹はそれとは正反対に、お肌に優しい、軽い成分でできています。
つまり、すぐに結果が出ることはほぼありません。

 

重曹の持つスクラブ効果は、ほかのピーリングアイテムなどとは大きく異なり、あくまでもターンオーバーを促すという程度のものにしかすぎません。
さらに、基本的にはターンオーバーが正常化したとしても、表皮が生まれ変わって黒ずみが取れていくまでは1か月以上はかかることが多いです。
どんなアイテムを使うにしても、一朝一夕で白くなることはありませんが、重曹はなおさら時間がかかりますので、このことを十分に考えて、使用していくようにしてください。
当然ながら、重曹を使って丁寧に直そうとしていても、生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが崩れたままだったり、下着などの擦れで刺激が軽減されずにかかっていれば、当然ながらいつまでたっても治りません。

 

ただ、体に優しいということは、言い換えればどんなアイテムにも組み合わせられるということでもあります。
ですので、ほかのアイテムと混ぜて使い、補助的な使い方をするというのもおすすめです。
スクラブによって角質を除去しながら、保湿効果の高いクリームなどを使っていくと、角質除去と保湿が同時にでき、効果が上がる可能性があります。
単体では効果が弱いと感じられても、様々なアイテムと組み合わせて使うと、意外にも役立つものかもしれませんので、是非一度試してみてはどうでしょうか。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら