すそわきがと、性病のニオイの違い

すそわきがと、性病のニオイの違い

イビサソープ

 

 

デリケートゾーンからのニオイは様々あり、ワキガのニオイがするいわゆる「すそわきが」や、膣などの体の内部が原因で出るおりもののニオイなどがありますが、性病も独特なニオイを発します。
すそわきがはつんとした刺激臭で、原因としてはアポクリン汗腺の量によるもの、とされますが、性病が原因のものは、発生している性病の種類によって異なります。
今回は、その性病ごとのニオイの違いについてまとめていきますので、参考にしてみてください。

 

 

性病から生まれるニオイ

 

性病から生まれるニオイは、性病の種類ごとによってニオイが異なります。
ここで、代表的なものをいくつか、箇条書きにしてまとめて行きます。

 

 

カンジダ

とてもポピュラーで、女性も男性もかかる可能性があるのが、カンジダ菌によるものです。
女性であればカンジダ膣炎として発症します。
カンジダは性交渉によってかかることはもちろん、免疫力が低下して炎症として発症することもある、厄介な性病です。
もともと存在するカンジダ菌が何らかの原因で異常に繁殖するために発生するもので、ニオイとしては魚のような生臭さが強いものになります。
また、かゆみも同時に発生します。おりものは酒かすやチーズのような、白い固形状になることが多いです。

 

 

淋病

淋病は性交渉によって「淋菌」という菌に感染して発生します。
単にデリケートゾーンや性器のニオイ、かゆみだけではなく、ほかの病気の原因にもなりえるため、早急に病院で治療する必要があります。
もし万が一、淋病にかかっている状態で出産をしてしまうと、赤ちゃんにもうつり、非常に大変な事態になります。
症状はデリケートゾーンの妙な不快感や、突然の激痛などで、おりものは黄色や緑白色の膿が入ったものが出ます。
ニオイはカンジダの時よりも明らかにおかしいレベルの、強烈な生臭さがします。

 

 

トリコモナス膣炎

膣炎の一種ですが、トリコモナス原虫という寄生虫に感染して発生する性病です。
トリコモナス原虫は膣内にある善玉菌である、乳酸菌の数を大幅に減らしてしまうため、悪玉菌となる様々な雑菌の繁殖を招き、ほかの感染症や炎症を引き起こす引き金となる生物でえす。
性交渉によってかかることもありますが、不衛生なトイレや浴槽などで感染することもあります。
銭湯などでじめじめしたところを歩くことで、水虫にかかる、というのに似ており、衛生的ではないところに性器がついたりすると、発症する可能性があります。
ニオイは生臭さのあるニオイが発生します。

 

 

雑菌性膣炎

上記以外の細菌などで炎症を起こしたものです。
トリコモナス原虫と同じように、性交渉以外で不衛生なところに行ったりすると、かかる可能性があります。
また、膣内洗浄をやりすぎたり、方法を間違えることで善玉菌が減って、雑菌が増えたために炎症を起こすということもあります。
膣へのダメージということですので、軽度で免疫力が高ければ当然自然治癒する可能性もありますが、ひどいと抗生物質などを使って炎症を鎮めなければなりません。
雑菌性膣炎の症状は、生臭さや酸っぱいニオイなど、おりもののニオイが強くなったり、排尿時にしみるような痛みが出たり、おりものの色が灰色を帯びた白色になるなどがあります。
わかりやすいものではなく、軽度の場合もあるため、気づかないと放置されることも多いですが、経度のまま進行するとなかなか妊娠ができないことにつながったり、重度のものになると命の危険も持つほど重い事態になりますので、心当たりがあればすぐに婦人科などの医療機関にかかって、治療をする必要があります。

 

 

もっとも多いのがカンジダです

 

これらが、おそらく現代の日本人女性にとって、身近な性病かと思います。
中でもやはり多いのが、カンジダです。
カンジダ菌はカビの一種で、いわば悪玉菌の一つですので、普段は善玉菌に仕事を与えてバランスを保つために存在しますが、簡単に繁殖するため、とてもかかりやすい性病になっています。
おりものがチーズ臭くなったり、小麦粉を水で溶いたようなねっとりとしたおりものになるなどの症状が見られたら、早めに医療機関にかかるのをお勧めします。

 

いずれの性病にも共通しているのが、進行したり、放置していると、非常に重大な問題になる可能性があるということです。
すそわきがは単に汗によるものですが、性病は文字通り「病気」の一つですので、投薬などによってしっかりと治していかないと、どんどん悪化してしまい、ほかの病気の引き金にもなります。
軽度なものだと何となく大丈夫そうと考えてしまって、なかなか行動を起こさないということもありますが、女性の体の中でも性器は特にデリケートにできていますので、異常を感じたらすぐに相談してみてください。
ニオイは体のバロメーターでもありますので、何らかの病気のサインととらえて、真剣に向き合いましょう。
パートナーがいるなら、なおさらすぐに治療することをおすすめします。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら