パンツの黄ばみがデリケートゾーンの臭いの証拠と言える?

デリケートゾーンの臭いは「切開手術」ができる

イビサソープ

 

気になるパンツの黄ばみは、人によっては「デリケートゾーンの臭い」の証拠なのではないかと考える場合もあります。
綺麗で何も無い状態に比べたら、はっきりと目に見えるのですから、気にしない訳には行きません。

 

排卵時期や性行為の後など、分泌物は通常よりも多いと言われていますが、においに敏感になっている場合には、とても気になって「においが周囲に気付かれるほど強くなっていないか」「デリケートゾーンの臭いと気付かれないか」と不安に感じる女性も多いようですね。
「パンツの黄ばみ」はデリケートゾーンの臭いが原因なのかどうか、一緒に考えていきましょう。

 

 

心配するほどデリケートゾーンの臭いはしない

 

デリケートゾーンの臭いは腋臭(わきが)と同様に、分泌されたアポクリン腺からの汗が空気とふれ、雑菌と反応し合うことでにおう症状です。
アポクリン腺は、脇に多く存在しますし耳の後ろや乳輪にも存在しています。

 

この体臭の根本は、「遺伝子的に遠い相手を求める本能」から来るもので、発散することで相手を選択するためのもののようです。
気になる相手もいれば、気にならない相手もいるわけですから、全ての人が「あなたはくさい」とは思っていないのです。

 

だいたい日本人は、湿度の多い環境に住み、野菜や魚を中心に食して来ましたから、「臭い」に対しては敏感で、「においがする」と言うことは「ものが腐っているかもしれない」というこに直結して考えるので、においには敏感だと言われています。

 

外国、特にヨーロッパの人々は乾燥した地帯に住み、肉食が多くスパイスも発達し、入浴も頻繁にはしない環境でしたから、体臭はきついとも言われています。
そのために「香水」が発達したようで、日本の「お香の香り」とは別物と言うことになりますね。

 

それほど体臭は強くない日本人なのですから、日常的にこまめに「汗を拭く」「毎日シャワーや入浴をする」等で、体臭は気にならないはずですし実際気にはならないものです。
でも気にしている人には気休めに聞こえるでしょうから、「デオドラント剤」「制汗剤」を使用し、更に「パンティライナーの使用」も心がけて、万全の準備をすることで安心しましょうか。

 

 

臭いがきついと思うとき時は、別の病気の可能性も考えましょう

 

腋臭やデリケートゾーンの臭いは、アポクリン腺から分泌される汗が空気に触れて発生することは述べましたが、それならば下着をこまめに換えることで対処ができます。
それよりも、デリケートゾーンの臭いが普通の状態よりもきついと感じた場合や、実際に分泌物が増えているように感じた場合には、婦人科で検査を受けましょう。

 

膣炎や子宮内膜症などの病気がある場合も考えられます。
結婚している場合でも結婚していない場合でも、「ストレスや免疫力の低下」によることも少なくは無いので、安心するためにも早く対処するほうが良いと思います。

 

一般的に言われていることは「日本人のデリケートゾーンのアポクリン腺は退化してしまった」ようですから、デリケートゾーンの臭いの原因は少なくなっているのでしょう。
でもどうしても気になる場合は、「デリケートゾーンの体毛を短くする」「通気性の良い下着に変える」「パンティライナーを常に変える」などの方法を考え、清潔な環境で過ごすことをおススメします。

 

 

パンツの黄ばみがデリケートゾーンの臭いの証拠では無い

 

臭い本体よりも、常に気付きやすい「パンツの黄ばみ」は気にはなりますよね。
ただ、この黄ばみは通常の洗濯では落ち難いものなのです。

 

落ち難い上に蓄積してしまうのですから、生地は黄ばんでもきます。
気になるようなら、しっかりと黄ばみを落とすために、繊維に十分洗剤が浸透するようにして汚れの蓄積を少なくしていきましょう。

 

パンツの黄ばみは洗濯法で解決はできますが、それよりも心配しなければならないのは、臭いの元がアポクリン腺から出る汗によるものではない場合です。
清潔にして気をつけていても良くはならない場合、「分泌物の量も多い」「分泌物の黄色が強い」「痒みを伴う」「赤みが強くなってピリピリする」などの症状がある場合です。
そしてにおいも強くなっている場合には、すぐに医療機関に相談しましょう。

 

このような症状が無く、通常の範囲内での「体臭らしい」と言うことであれば、心配することはないと思います。
個人差があって当たり前と考えて、清潔に保つように気をつけていきましょう。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら