デリケートゾーンの臭いは「切開手術」ができる

デリケートゾーンの臭いは「切開手術」ができる

イビサソープ

 

臭いを消す方法として「切開手術」があります。
最近の治療技術の進化には素晴らしいものがありますが、切開せずともできる治療法と共にご紹介しましょう。

 

皮下組織削除法

 

臭いの元は「アポクリン腺」などの汗腺の影響ですから、この汗腺を削除してしまうという方法です。
皮膚を数センチ切開し、皮膚表面を専用のローラーで転がすことで、皮膚の裏側に粒状に並んでいるアポクリン汗腺を切除します。
術後は、1週間ほど患部を固定しますが、傷口が小さくて済むというメリットがあります。

 

 

超音波吸引法

 

超音波メスを使用する手術法で、デリケート部分の上の両側に切り込みを入れ、そこから超音波メスを挿入して動かしながら、発生した熱でアポクリン汗腺を破壊し吸引する手術法です。
皮下組織削除法よりも安い術式です。

 

 

そのデメリットも知っておきましょう

 

切開手術でのデメリットは、皮膚を切開することでダメージを受けやすいことです。
傷口の治りが遅く、体質的な問題で陰毛が抜けるだけで済む場合と、そのまま禿げて生えてこない場合があります。

 

また「タイオーバー」という術後の皮膚にガーゼなどを縫い込み、持続的に圧迫をする方法を数日間取らなければなりません。
「タイオーバー」の抜糸が済むまでの数週間ほどは、入浴ができません。

 

その間、腫れたり突っ張った感じに悩まされたり、術後のいろいろな症状が落ち着くまでには、数か月もかかるというデメリットがあります。
要するに、短期間では治療は完了しないのです。

 

更なるデメリットは、「アポクリン汗腺を取りきれないことがある」ということ、これは重大なデメリットですね。
これ等の治療法は、腋臭(わきが)の手術に用いられることが多いため、デリケートゾーンの臭いには適用が少ないのです。

 

微妙な部分の切開には、傷が付きやすく治り難いということで、ダメージの方が大きいのです。
また「超音波吸引法」の場合は、アポクリン汗腺が全て取りきれないこともあるようです。

 

手術をしてもアポクリン汗腺が取りきれなかったり、皮膚にダメージを与えてしまう場合があるのでは安心して手術には臨めませんね。
このような理由から、少なからずの医院が行わないようです。

 

 

メスを入れない治療もある

 

「切開手術」については、キチンと把握できたでしょうか。
メリットも大きいですが、その分デメリットも大きいことが分かったと思います。

 

皮膚を切開する手術法ではなく、皮膚にメスを入れない治療もあリます。
しかも手術の時間も、術後の経過も早くて安全なようです。
その内の3つの方法を述べていきましょう。

 

 

ビューホット治療

 

最新の治療法で、日本で開発された術式で2014年8月から治療が開始されています。
この方法では1回の治療で済みますし、また治療を受けた人の95%が「症状がなくなった」と述べているようですから、とても高い治療効果ですし、再発の可能性も低いことで注目されています。

 

メスではなく高周波を発する細い針を、陰部に当てて「エクリン腺」や「アポクリン腺」などの汗腺を破壊する方法です。
治療時間が、20〜30分と非常に短く済むことも嬉しいですね。

 

腋臭の場合は、範囲が広いので60分程度かかるようですが、どちらも術後は治療箇所が少し赤くなる程度とのことですから、ダメージも少ないのでしょう。
ダメージも少ないのですが、治癒する時間も短く、1週間程度です。

 

ただ、人によっては「針穴の大きさに合った小さな瘡蓋(カサブタ)」がボチボチと出る場合があるとのことですが、治療翌日にはシャワーの使用もできますから安心です。
回復までの期間がとても短いことと、処置のための通院が不要ということも非常に嬉しいことです。

 

 

電気凝固法

 

電流を流すことで、アポクリン汗腺を凝固させて、焼却する治療法です。
陰毛の毛穴ひとつひとつに針を刺すという方法ですが、時間的には短くて20〜30分程度しか掛かりません。

 

電流を流すことでの痛みは殆どありませんが、3か月おきに2回ほど治療が必要です。
脇のわきがには効果が薄いとされますが、デリケートゾーンの臭いには高い効果が認められていますし、治療後の日常生活への支障はほとんど無いようです。
ただ、治療によって陰毛が薄くなることもあるようですが、臭いの軽減の方が嬉しいですよね。

 

 

ボトックス治療

 

陰部の汗を抑える治療ですが、ボトックス(ボツリヌストキシン)という薬剤を注射しての治療です。
この注射が効いて、神経伝達物質のアセチルコリンをブロックするのです。

 

汗を抑えることが可能になって臭いはなくなりますが、5〜6ヶ月で効果は薄れますから、また治療を受けなくてはなりません。
この治療法では、軽度の臭いには効果的ですが、きつい臭いは抑えられない場合もあります。

 

ですが、いろいろな治療法の中では、結果が速く出る手軽な方法といえます。
このボトックス治療と共に、ビキニラインとアイラインの脱毛を同時に行えば、効果は高められるとも言われています。
陰毛を少なくすることは、その根元で細菌は繁殖して臭い発生の原因になるのですから、とても効果的な方法でもありますね。

 

さて、どの治療法を取るのかは、「完治か、軽減」かのどの程度の治療を目指すのかでも、変わってきます。
そして、自身のデリケートゾーンのにおいの強さによっても変わってきますから、医師としっかりと相談しましょう。
できるならば、何度もの治療の繰り返しは避けたいですよね。

 

 

イビサソープ

 

イビサソープの口コミにあった4つの批判を徹底検証 TOPはこちら